「新型コロナ 自宅療養完全マニュアル」岡田晴恵著/実業之日本社

公開日: 更新日:

 私は、テレビやラジオで何人も感染症の専門家に会うが、一番信用しているのは、岡田晴恵教授だ。言っていることが科学的だし、何よりこれまで未来をピタリと言い当ててきているからだ。

 11月14日にテレビ局で会ったときも、「もう手遅れで、感染爆発に至る可能性が高い」と、感染第3波の拡大を予見していた。その2週間後、「やはり爆発的に拡大しましたね」と私が言うと、「私、本を書いたんです」と言った。その手には本書が握られており、私はすぐ、何が言いたいのか分かった。

 医療現場が悲鳴を上げ、専門家が感染拡大防止のための行動規制を求めるなかでも、政府は応じない。それどころか、来年6月までGo To トラベルの延長を決めた。このままでは、コロナ患者が病院からあふれ、自宅療養に追い込まれる。それを予見して本書を書いたのだ。

 本書は、一般読者向けに書かれており、2色刷りで、図解が多く、話が具体的だから、非常に分かりやすい。ただ、中身は本格派で、新型コロナとは何か、新型コロナに感染しないために何をすればよいかなどを、丁寧に述べている。しかし、私が背筋の寒くなる思いをしたのは、家族が感染したときの対策だ。医療崩壊して、自宅療養を余儀なくされたら、感染者の看護は、家族がしなければならない。

 家族は大変だ。感染者が悪寒を持ったら体を温め、熱が出たら冷やす。食欲がなくても食べられる食品を用意する。そして、2次感染防止のために、マスクやゴーグル、ビニール袋を用意するとともに、重症度を判定するためにパルスオキシメーターも準備したほうがよいという。

 そして朝昼晩と、熱や症状、食事の内容などをきちんと記録する経過記録表をつけなければならない。要は、病院で看護師さんがやっていることを家族がやらなければならなくなるのだ。

 本書が指摘する必要事項を見ていくと、病院が受け入れてくれなければ、家族のなかに1人感染者を出しただけで、暮らしは激変してしまう。

 私は、普段、読んだ本は処分してしまうのだが、この本はしばらく取っておこうと思う。十分注意していても、いつ感染するか分からないからだ。 ★★★(選者・森永卓郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された