「沢村忠に真空を飛ばせた男」細田昌志著

公開日: 更新日:

 キックボクシングを創設した男。真空飛び膝蹴りでファンを沸かせた沢村忠と、今や歌謡界の大御所・五木ひろしを世に送り出した男。

 昭和の辣腕プロモーター・野口修の一代記を書こうと当人にインタビューを願い出た著者は、この男をめぐる途方もない時空旅行へと旅立つことになった。野口修が生きた時代と現代を行きつ戻りつ。彼の言葉の真偽を関係者の証言と当時の記録で裏づけ、ノンフィクション作品に仕上げるまでに10年を費やした。野口は2016年、82歳で永眠。2段組み560ページにのぼるこの大作を読むことはかなわなかった。

 野口修の人生は幕開けから波乱に富んでいる。父・進は右翼で格闘家。修の誕生時は獄中にいた。進は同房の児玉誉士夫と知り合い、以後、児玉は修の人生にも時折関わりを持つことになる。

 戦後、進は目黒に野口拳闘クラブを設立、日本のボクシング界を牽引する。やがて父に家業を任された修はプロモーターとして歩み始め、弟の恭はボクサーに。父の代からアジア格闘界と接点を持っていた修は、タイ式ボクシングに目をつけ、1966年4月、大阪府立体育館で日本初のキックボクシングの興行を行った。

 大学時代に剛柔流空手を体得した無名の青年を沢村忠のリングネームでデビューさせ、タイのボクサーにKO勝ち。沢村はここからキックボクサーとして連勝街道を突き進むことになる。試合はテレビでレギュラー放映され、高視聴率を叩き出した。

 キックボクシングで得た利潤を元手に、修は新たな事業に乗りだす。作詞家・山口洋子に紹介された歌手、五木ひろしを野口プロの所属歌手としてデビューさせ、レコード大賞の獲得に至った。

 しかし、絶頂期は長くは続かなかった。沢村が引退し、五木が独立。強引に突っ走ってきた修の人生に影がさす。野口プロの再浮上を競走馬にかけるも失敗。ついには破産。毀誉褒貶の多い人生だった。修が生きた昭和の格闘技界、音楽業界の表裏がつぶさに描かれ、読み応えがある。

(新潮社 2900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

  10. 10

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

もっと見る

人気キーワード