「ウンチでわかるいきもの図鑑」アンディ・シード/文 クレア・アルモン/絵 鹿田昌美訳

公開日: 更新日:

 ウンチや足跡、羽、卵などの生き物たちの「落とし物」にはその持ち主の情報が詰まっている。そんな「落とし物」を手掛かりに、さまざまな生き物たちの生態を楽しく学べるイラスト面白図鑑。

 すべての生き物は排泄をするので、その場所にどんな野生の生き物がいるのかを調べたり、実際にその動物を探し出したりする時、ウンチは強力な味方になってくれる。

 例えば、クマならウンチの中のタネや動物の毛、魚の骨などから食べたものやエサを探す場所、すむ場所、健康状態などが読み取れる。

 肉食動物は棒の形、ウシの仲間はパンケーキの形、艶のある角形の集まりならシカ、毛が混じったねじれ形ならオコジョの仲間と、哺乳類のウンチをタイプ別に紹介。

 また、家の窓の近くなどで見かける0・5~1ミリほどの小さな黒い粒はハエやクモ、屋根裏などに残されるコウモリなど、身近な場所で見つかる「落とし物」も紹介。

 さらに、ゾウは1日に70キロ以上、シロナガスクジラのそれは最長20メートル、ハイエナのが白いのはたくさんの骨を食べるから、週1回しかウンチしないナマケモノなど、ウンチに関するびっくりする「ウン」チクが満載。

 他にもさまざまな鳥や、「コプロライト」と呼ばれる化石になった恐竜のウンチなど、豊富なイラストとクイズや豆知識などで、生き物とそのウンチの関係を楽しく学べる。

 ウンチだけでなく、「足跡」や「家」、噛み痕がついた松ぼっくりなどの「食べ残し」、骨、羽、卵、そして鳥が吐き出した「ペリット」(「砂のう」ですり潰すことができなかった食べ物の残りかすの塊)などの「証拠品」を手掛かりにすれば、誰もが「生き物探偵」になれる。

 子供たちへのクリスマスプレゼントにピッタリなお薦め本。

(NHK出版 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

人気キーワード