「1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365」齋藤孝監修/文響社

公開日: 更新日:

 世界的なベストセラーになったデイヴィッド・S・キダー他著「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365」(文響社、2018年)にならい、日本に関して編集した優れた作品だ。ミニ百科事典と書評の双方の要素を持っている。

 監修者の齋藤孝氏は<日本の文化や伝統、あるいは自然を総合的にまとめて振り返るという行為は、学生時代を総復習するようなもので、有意義な体験になると思います。日本には素晴らしい自然、技術、文化があふれています。それでは、復習の快感というものを味わってみてください>と「はじめに」で記している。確かに学生時代の総復習に最適の本だ。

 曜日ごとに興味深いカリキュラムが組まれている。

 月曜日――自然(私たちが暮らしている環境と、ともに生きている動植物について)。火曜日――歴史(日本人の起源から、日本が近代化する歩みまで)。水曜日――文学(今も読み継がれる不朽の名作から、和歌や俳句、詩まで)。木曜日――科学・技術(古代の土木技術から、近代のノーベル賞受賞に至るまで)。金曜日――芸術(絵画、建築、彫刻など、世界に誇れる日本の芸術品について)。土曜日――伝統・文化(今も日常に残っている習慣の始まりや、伝統的な風習の数々)。日曜日――哲学・思想(神道と仏教、お寺と神社。日本の神話から哲学まで)

 例えば、科学・技術の「戦闘機・戦艦」という項目にはレーダーに関する興味深い記述がある。

<新兵器であるレーダーの性能を向上させたのは、1920年代に宇田新太郎(1896~1976)と八木秀次(1886~1976)が発明した指向性短波長アンテナ「八木・宇田アンテナ」だった。ただし、その性能の優越性に気づいたのは日本ではなく欧米の軍であった。(中略)/しかし結局、ABCD(アメリカ・イギリス・中国・オランダ)包囲網によって工作機械の輸入が停止されたため精密機械が造れず、整備するための熟練エンジニアの人数も限られた状況で、日本は科学技術戦というべき近代戦争を勝ち抜くことはできなかった>

 優れた技術を活用できなかった日本の政治システムに大きな欠陥があった。 ★★★(選者・佐藤優)

 (2020年10月23日脱稿)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された