「力石徹のモデルになった男 天才空手家 山崎照朝」森合正範著/東京新聞

公開日: 更新日:

あしたのジョー」の主人公・矢吹丈のライバルとして絶大なる人気を誇った力石徹のモデルとなった空手家の人生を描く。極真会館といえば、大山倍達氏のことしか知らなかったのだが、いやはやこんな偉人がいたのか、と思わされる内容であった。

 極真の全日本選手権を2連覇し、当時隆盛を誇ったキックボクシングの試合にも出た。何しろ「キックの鬼」と呼ばれた沢村忠よりも強いと事情通からは評された人物なのだ。それは沢村をKOしたタイ人選手2人に勝ったからだ。そのうえ、田宮二郎にも似たイケメンで芸能界からのオファーもあったという。後に、女子プロレスラーとして一大旋風を巻き起こしたクラッシュギャルズ(ライオネス飛鳥、長与千種)の指導をするなど、格闘界に残した爪痕は大きい。

 1969年当時、極真は空手の本流ではなかった。本流の空手は「寸止め」なのだが、極真はフルコンタクトである。第1回の選手権大会(極真以外の他流派の選手も参戦)で山崎氏が優勝するのだが、その歴史的役割について、「妖刀村正」の異名を持つ大石代悟氏はこうコメントしている。

〈もしあのとき、他流派に負けていたら今の極真はない。大山倍達の名に傷がついた。山崎先輩がいたから今の極真がある。1ページ目があるから今のページがあるんです〉

 そこまで重要な人物が約7年半の極真会館での生活を終え、サラリーマンになるのだが、大山氏が山崎氏を重用したエピソードにはこうある。

〈自然と道場から足が遠ざかる。それでも師・大山は山崎を手放さなかった。サラリーマンになってもそばに置き、時に闘いを命じた。それだけ山崎という男は稀有な空手家だったのである〉

 現在山崎氏は73歳。「生ける伝説」として著者の取材に答えるのだが、あまり目立ちたくないと考える控えめな人物像が本書では描かれ続ける。「不言実行」「朴訥」「男は黙って道を究める」といった言葉が当てはまる。

 なお、クラッシュギャルズの大ブレークの前、長与千種が恐るべき計画を立てていたことも明かされる。なんと、山崎氏の指導があまりにもハードなためカレーに毒を入れて殺してしまおうと他の選手と共謀したというのだ。もしもこれが実現していたら、平成の世を騒がせた「和歌山毒物カレー事件」の林真須美の元祖に長与やライオネス飛鳥がなってしまっていたのである! そんな逸話もちりばめられている。 ★★★(選者・中川淳一郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された