「新型コロナウイルスを制圧する ウイルス学教授が説く、その『正体』」河岡義裕/聞き手・河合香織 文藝春秋/2020年

公開日: 更新日:

 ウイルス研究第一人者である河岡義裕氏(東京大学医科学研究所感染症国際研究センター長/米国ウィスコンシン大学獣医学部教授)から新型コロナウイルス感染症に関する基本知識を大宅賞作家の河合香織氏が聴き取って、わかりやすくまとめた作品だ。

 本書を読むと新型コロナウイルスを過剰に恐れる必要がないことがわかる。

 河岡氏は、特定の遺伝子を選択的に欠失・破壊することによって、その遺伝子の機能を解析するリバース・ジェネティクス(逆遺伝学)の専門家でもある。ここにCIA(米中央情報局)が目を付けた。

<私がCIAと初めて接触したのは、ウイスコンシン大学でインフルエンザウイルスのリバース・ジェネティクスに関する論文を書いたときです。/「政府機関の者ですが、話を聞かせてほしい」と女性の声で電話があり、どの政府機関なのかも名乗りませんでした。そして、研究室にやってきた時に差し出された名刺にも、女性の名前と電話番号のみが印刷されていて、組織も肩書もありませんでした。/「ラングレーの者ですが」と女性は言いました。ラングレーとはCIA本部があるアメリカ・ヴァージニア州の町の名前で、それがCIAの代名詞になっています。/女性は私に、学会などで特定の国家や組織の人物が接触してこなかったか、と質問しました。彼女は幾度も私の研究室にやってきました。/アメリカは同時多発テロや炭疽菌テロ以来、細菌やウイルスを利用した生物兵器対策を強化していました。この時も、私が開発した技術が生物兵器に使われないかどうかを調べるために、連絡してきたのでした>

 インテリジェンスの世界の常識に照らして、河岡氏は、CIAの情報提供者ということになる。

 中国、ロシア、韓国、北朝鮮、イランなどのインテリジェンス機関は、本書の内容に注目するであろう。そして、国際学会などの機会を利用して河岡氏と自然に接触を試みると思う。

 評者は、このままだと河岡氏が面倒な世界の人々と関わり、トラブルに巻き込まれるのではないかと恐れる。早めに警察の公安関係者と相談し、防御策について考えた方がいいと思う。★★★(選者・佐藤優)

(2020年8月18日脱稿)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された