「伝説の経営者100人の世界一短い成功哲学」田原総一朗著/白秋社

公開日: 更新日:

 政治家に舌鋒鋭く斬り込んでいく。田原総一朗氏は、そうしたイメージが強いが、実は、多くの経営者にも直接取材を重ねてきている。その取材を100人分まとめたのが、本書だ。

 本書で驚くのは、登場する経営者の幅がとにかく広いことだ。松下幸之助や本田宗一郎といったもはや歴史上の人物から始まって、何かとお騒がせのZOZOの創業者前沢友作氏やメルカリ創業者の山田進太郎氏といった新進の経営者まで、実に多様な人たちから話を聞いている。田原氏が、50年間、ジャーナリズムの第一線で活躍し続けてきたことの成果だろう。

 ただ、100人分の取材を一冊にまとめたために、1人当たりの文章は、とにかく短い。通勤列車のなかで読んでいると、1駅で2人分くらい読めてしまうくらいだ。しかも、その内容は、ビジネスモデルや経営理念を聞き出すというよりも、田原氏が興味をもったことを深掘りするピンポイントだ。だから、経営者の肖像画を描くというより、デフォルメして似顔絵を描いているのに近い。ただ、本音の引き出し方が、いかにも田原氏らしくて見事なのだ。

 例えば、最近、持続化給付金の委託事業などで、マスメディアでしばしば「政商」の扱いをされているパソナの創業者、南部靖之氏からは「志は野心に変わるのです」という言葉を引き出している。いまになってみると、何と含蓄のある言葉だろう。

 そして、もうひとり、私が「なるほど」と思ったのが、元ライブドア社長の堀江貴文氏だ。私は田原氏の「朝まで生テレビ!」に出演させてもらったとき、田原氏の口から「堀江は無罪だ」という言葉を何度も聞いた。私は、なぜ田原氏がそんなことを言うのか理解できないでいた。違法な粉飾決算を主導したことは、明らかだったからだ。

 ただ、本書を読んで納得した。インタビューの際に、堀江氏は必ず常識を覆すような斬新なレスポンスをしてくる。そんな堀江氏のことを田原氏は、大好きなのだ。大好きだから、堀江氏の言うことを信じてしまうのだ。

 そうした点を含めて、本書は経営者の紹介というより、田原氏の人物評としてみるほうが、楽しめるのかもしれない。 ★★半(選者・森永卓郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  2. 2
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  3. 3
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  4. 4
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

  2. 7
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  3. 8
    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

  4. 9
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  5. 10
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂