「移民の世界史」ロビン・コーエン著 小巻靖子訳

公開日: 更新日:

 コロナ禍で世界は一変。多くの国で国境が閉じられ、都府県の境を越えることさえ躊躇してしまうことになろうとは。まるで江戸時代に逆戻りをしてしまったかのようだ。

 そもそも人類の歴史は移動とともにある。20万年前に東アフリカを出た人類は、世界中に拡散しながら、1万年前にアメリカ大陸南端まで到達した。そして現在も、人はさまざまな理由で常に移動を続けている。

 本書は、そんな人類の歴史を移動という視点から読み解いていくグラフィックテキスト。

 古くからある宗教では、その信仰が伝道者によって広められ、巡礼などによって刷新され、異端者を排除することで守られてきた。宗教のこの3要素が人の移動に大きな影響を及ぼしたと、ブッダやキリスト教を世界宗教に発展させたパウロの足跡、そして各宗教の伝播の経緯などを解説する。

 一方、大航海時代のヨーロッパ人より、はるか前からイスラム世界や中国の探検家が外洋に進出をしていた。その一人でモロッコ生まれのイブン・バットゥータの航海は、イスラム世界全域とその周辺、12万キロにもおよぶ。

 他にも、19世紀から20世紀にかけて3000万人がヨーロッパからアメリカに渡った「大西洋大移住」をはじめ、現在の世界的問題にもつながる「大西洋奴隷貿易」や、奴隷制度と変わらなかったアジアの年季奉公などの強制移動、インドの分離独立やイスラエルがユダヤ人の「集合」地となり、パレスチナ人が土地を追われることになった経緯、さらに現代の外国人労働者や亡命、難民、セックスワーカー、気候変動による移住まで。さまざまな視点から人の移動について図版を用いて解説。現代社会とニュースがより深く分かる格好のサブテキストだ。

(東京書籍 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

人気キーワード