「イラスト図解 感染症と世界史」神野正史監修

公開日: 更新日:

 300年太平を守り続けた徳川幕府が、黒船がきっかけで幕末維新の乱世に突入したように、歴史には「流れ」がある。動かないときには誰がどんなに望もうとテコでも動かないのに、ひとたび動き始めれば、今度は誰が止めたいと願おうがその「潮流」を止めることはできないと、予備校の世界史講師である監修者の神野氏は言う。

 これまで人類は何度もパンデミックを経験してきたが、パンデミックが歴史を動かす「契機」になったことも珍しくない。先人たちがパンデミックにどう対処してきたのか、そして「アフターパンデミック」はどうなったのか。本書は、そんな人類と感染症の戦いの歴史をイラスト図解で解説してくれる歴史テキスト。

 人類と感染症の関係ははるか昔の狩猟時代に始まるが、農耕を開始して定住生活になると感染症との戦いは本格化。紀元前7000年ごろには、牛やヤギからの感染によって地中海東岸地方で「結核」が流行したと推測される。また紀元前3500年ごろに起こったメソポタミア文明では「麻疹」が大流行したという。

 感染症が持続的流行を維持するには数十万の人口が必要であり、以後定期的に流行を繰り返した麻疹は辺境ほど伝播が遅く、20世紀まで5000年を要して地球全土へ広がったそうだ。

 以後、ペロポネソス戦争中のアテネで起きた世界初のパンデミックや、中世を終わらせ近世に突入する大転換点となった14世紀のペストの大流行、ナポレオンのロシア遠征失敗の最大の要因となった発疹チフス、図らずも第1次世界大戦の終結を早めたスペイン風邪など。古代から現代までの歴史を感染症という視点から俯瞰。

 アフターコロナを見据え、先人の戦いに学ぶタイムリーなテキスト。

(宝島社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

人気キーワード