「[図説]毒と毒殺の歴史」ベン・ハバード著 上原ゆうこ訳

公開日: 更新日:

 2年前、英国で起きた毒殺未遂事件に世界中が震撼した。後に被害者の元スパイの自宅玄関のドアノブに吹き付けられていたのが旧ソ連の研究所で開発された猛毒「ノビチョク」と判明したのだ。

 目障りな人物に毒を盛って葬る毒殺の歴史は、人類の始まりまで遡ることができるほど古いという。本書は、歴史上の人物から現代のテロリストまで、毒と毒殺にまつわるエピソードを集めた身の毛もよだつ戦慄本。

 エジプト最後のファラオ・クレオパトラも、毒物に強い関心を抱いており、さまざまな毒を死刑囚で試し、その結果を克明に記録していたという。結果、アスピスという毒蛇にかまれたときだけ、眠るように死ねることを知った彼女は、自死に追い込まれた際にそれを用いたと伝わる。

 他にも、古代ローマの毒薬使いの中でもとりわけ悪名高い皇帝ネロの母親アグリッピナをはじめ、未亡人になりたがっている女性たちに自ら開発した毒薬を売り600人以上の男性を死に至らしめた17世紀イタリアのジューリア・トファーナや、ルイ14世の愛人モンテスパン夫人をはじめ宮廷に出入りする多くの貴族がその顧客リストに載っていたというフランスの「毒の御用商人」カトリーヌ・モンヴァワザン、19世紀のイギリスで生命保険金を目当てに結婚とヒ素による毒殺を繰り返し21人を殺したメアリ・アン・コットン、そして2006年に放射性毒物ポロニウム210で暗殺されたロシアの元スパイ・リトヴィネンコや冒頭の事件まで。

 暗殺者が用いたそれぞれの毒の由来や、効力、殺傷力の解説も充実。各エピソードが物語る、秘められた殺意と忍び寄る毒殺の恐怖は、下手なミステリーを読むよりもリアルで怖い。

(原書房 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

人気キーワード