「東京裏23区」本橋信宏著

公開日: 更新日:

 カフェやレストランなどを取り上げる街歩き本ではなく、殺人現場や遺体発見現場、事故現場などのダークなスポットを紹介した異色の街ルポ。第1話の世田谷区から最終話の江戸川区まで2年にわたって実話ナックルズ上に連載した23のルポが収録されている。

 たとえば中野区編では、酩酊した黒木香がベランダから落下して負傷した中野ワールド会館、阿部定の働いていた料亭があった新井薬師の住宅街、女子中学生を2年監禁した東中野のマンションなどを巡る。さらに中野ブロードウェイが開業した1969年当時、青島幸男や沢田研二などの芸能人や文化人が在住したことや、早稲田通りに面した警察病院の敷地にスパイ機関として名高い陸軍中野学校があったこと、江戸時代には中野駅周辺には5代将軍綱吉が発布した生類憐みの令によってお犬様を養育するための30万坪にも及ぶ囲いが設けられ、その中で30万匹の犬が飼われていたことなどにも言及。

 巻末には特別編として、著者と副編集長、五十嵐泰正・筑波大准教授の3人による鼎談も掲載されており、普段の街とは全く別の姿が見えてくる。

(大洋図書 1500円+税)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで