「ぶらナポ」下関マグロ著

公開日: 更新日:

 おじさん世代のソウルフードのひとつ、ナポリタンが密かなブームを呼んでいるという。

 本書は、ナポリタンを食べて半世紀という散歩ライターの著者が、「極私的ランキング」を紹介する食べ歩きリポート。

 氏がこれまでにいちばん多く食べたナポリタンが、新橋駅から徒歩3分の昔ながらの洋食店「はと屋」の「ハンバーグナポリタンセット」。

 セットのナポリタンは、ハンバーグのサイドメニューではなく、しっかりと一人前。さらにライスとキャベツの千切りがつく。ナポリタンが茶色いのは、デミグラスソースが入っているからで、ゆえにハンバーグとの相性が抜群なのだとか。

 長らくこの店のナポリタンが氏のナンバーワンだったのだが、最近、見つけた自宅の近所、台東区入谷の喫茶店「SUN」の「なぽりたん」にその座を明け渡したという。

 老舗喫茶店の2代目が作る「なぽりたん」は、これまで食べてきたどの喫茶店とも違う、懐かしくて新しい味がするそうだ。

 そして現在、はと屋は3位で2位は浅草駅近くのロメスパ系「カルボ」のそれだという。ロメスパとは「路傍の麺」、つまり立ち食いそば感覚で入れる気軽なスパゲティ屋さんということらしい。

 ランクインした23店の他にも、定食屋の「ナポリタンうどん」や町中華のナポリタンなど、92店をめぐる。

 ナポリタンは、炒めれば炒めるほどおいしいといわれ、カルボはその究極系だが、一方でSUNの店主は焦がしてはダメだという。そのSUNの店主から聞き出した、ゆで上げた麺を扇風機で冷やすところから始まる「なぽりたん」のレシピ通りに実際に作ってみたり、コンビニのナポリタン食べ比べなど、リポート以外にも盛りだくさんの内容で、一読したらあなたもナポリタンのとりこに。

(駒草出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

  2. 2
    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

  3. 3
    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

  4. 4
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

  5. 5
    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

もっと見る

  1. 6
    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

  2. 7
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  3. 8
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 9
    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

  5. 10
    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮

    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮

人気キーワード