「検事の死命」柚月裕子著/角川文庫

公開日: 更新日:

 いま、柚月裕子の小説にハマっている。「岩手県生まれで山形県在住」も山形県出身の私には一つのキッカケだったが、検事の「佐方貞人」という主人公の名前も私のサタカに似て気に入っている。しかし、それらはあくまでも読み始める入り口の理由で、何よりも作品の魅力がただならないのである。

 現首相の安倍晋三はモリカケ問題や選挙違反事件で追及されぬよう、検事の人事にまで介入している。黒川弘務というお気に入りのロボットを検事総長にしようとしているのだから、とんでもない話である。

 そんな「現実」を柚月の小説は一瞬でも忘れさせてくれる。

「現場経験がほとんどない、典型的な赤レンガ族」の検事正、鬼貫正彰に思惑があって呼ばれた佐方は、「なあ、佐方。お前さんも去年、特捜に駆り出されて痛い目をみているからわかるだろう」と言いながら、冷酒をつごうとする鬼貫に「お言葉ですが検事正」と向き直る。先輩の筒井が止めようとしてもダメだった。「自分は、罪をまっとうに裁かせることが、己の仕事だと思っています」と続けた佐方に、鬼貫は「なんだと」と気色ばんだ。「平検事が地検のトップに刃向かうとは思っていなかった」からである。

 筒井は「下や横など見ず、上しか見ない」鬼貫を「海の底にへばりついている平目」と罵っている。しかし、あくまでも心の中でだった。ところが佐方は表立って言ってしまった。

 そんな佐方がどういう運命をたどるか、柚月のペンは手に汗握って読者を飽きさせない。

 私も若き日に、山形高教組庄内農業高校分会の「職場ニュース」で、校長や教頭をヒラメと批判したことがあった。

 この前作の「検事の本懐」(角川文庫)で柚月は大藪春彦賞を受賞している。これについて先日亡くなった藤田宜永が「私は、佐方という検事の控えめだが、しぶといキャラクターに惹かれた」とし、「柚月さんの底力を感じさせる作品だった」と続けているが、その通りである。私はいま、生活保護の問題を扱った柚月の「パレートの誤算」(祥伝社文庫)を読んでいる。★★★(選者・佐高信)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  2. 2
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  3. 3
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  4. 4
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

  2. 7
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  3. 8
    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

  4. 9
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  5. 10
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂