「独裁者のデザイン」松田行正著

公開日: 更新日:

 世界中に自国ファーストを主張する政治家が出現している状況を、著者は「独裁者予備軍の存在と独裁者待望論が蔓延している」と危惧する。

 本書は、ヒトラーを中心に、ムソリーニ、スターリン、毛沢東など20世紀の独裁者たちが、プロパガンダ(宣伝)を駆使してどのように大衆を躍らせ、抑圧していったのかをデザインの視点から考察したビジュアルテキスト。

 人の心を奮わせ元気にする一方で、魂胆を隠してきれいごとに見せつつ、人を傷つけることもできるデザインの力を、独裁者たちは巧妙に使い分けてきた。ナチスの映像を思い出せばわかるように、プロパガンダのデザインは、シンボルマークにはじまり、ポスターなどの印刷物、映像、敬礼や行進の仕方、制服など広範囲に展開される。本書では、独裁者の視線に注目。

 ヒトラーのまばたきの少ない目に見つめられた側近は、一緒にいるとその視線に疲れたため、「心霊吸血鬼」と陰口をたたいたという。その目の威力を知ってか知らずか、ヒトラーは凝視し、にらみつける写真を数多く残している。

 著書「我が闘争」のカバー写真や、首相に就任した時のポートレート、1932年の大統領選挙に出馬した時のポスター、そしてヒトラー内閣の信任を問う総選挙のポスターなど。ヒトラーの一連の写真を取り上げ、そこに隠された意図と効果を読み解いていく。

 他にもナチスのハーケンクロイツと同じ役割をした毛沢東の肖像画など、独裁者たちの足跡をたどりながらプロパガンダ術を解説。一方で、彼らをパロディー化した作品なども紹介しながら、権力側からの強い視線に対する被抑圧者側からの視線の拒否についても論じる。

 こんな時代だからこそ、独裁者の出現を許さないよう歴史に学ぼう。

 (平凡社 3200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

  2. 2
    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

  3. 3
    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

  4. 4
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

  5. 5
    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

もっと見る

  1. 6
    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

  2. 7
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  3. 8
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 9
    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

  5. 10
    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮

    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮

人気キーワード