「オサヒト覚え書き 追跡篇」石川逸子著/一葉社

公開日: 更新日:

 今年86歳の著者は、明治天皇の父の孝明天皇(オサヒト)の亡霊が追う形で「閔王妃殺害」や「琉球処分」の闇に光を当てる。

 とりわけ、現在、鮮明にしなければならないのは1895年10月8日の閔王妃殺害だろう。詩人である著者が指摘するように、大声でヘイトスピーチをしている連中は、隣国の皇后を朝鮮公使の三浦梧楼が首謀して殺したことなどまったく知らないと思われるからだ。その前に三浦は学習院院長をやっている。

 日本の言うことを聞かない高宗の王妃を世界に恥ずべき野蛮なやり方で暗殺した。野蛮でなければいいわけではないが、殺害を朝鮮の訓練隊のしわざと見せかけるため、警備の者の制服制帽を奪って、下手人の日本人巡査に着せることまでしたのだった。犯人たちは最初、王妃の遺体を井戸に投げ込み、それでは見つかるかもしれないと、石油をかけて焼いている。殺す前に陵辱したともいわれる。

 こうした「事件」を、日本人は忘れても彼の国の人は忘れていない。それからおよそ80年後の1974年8月15日、韓国の大統領・朴正煕の夫人が在日朝鮮人のピストルによって射殺された後、韓国人は「犯人を育て、ピストルを“供給”したのは日本だ」として激しく怒り、連日、日本大使館へデモをかけた。そのとき彼らは口々に、「日本はまたも我が国母を殺した」と叫んだのである。

 この本のオビに「反帝ドキュメンタリー・ノベル」とあるが、私も天皇制支持者ではない。しかし、日本の皇后が同じような形で殺されたら、どう思うのか。

 イトマン事件で知られる許永中が「泥と血の我が半生」を語った「海峡に立つ」(小学館)で、伊藤博文を殺した安重根をテロリスト呼ばわりする日本人に対して、この「国母暗殺事件」と比較して、こう怒っている。

「閔妃殺害の首謀者は、在朝鮮日本公使の三浦梧楼。この三浦のことを、日本人はテロリストとは呼ぶまい。閔妃の虐殺がテロでなければ、安重根の行為もテロ扱いできないはずだ」

 その通りと言うしかない。もちろん、閔妃暗殺は三浦の独断専行ではなく、安重根は伊藤博文の15の罪の第1番に、この殺害の罪を挙げている。そして15番目がオサヒト、すなわち孝明天皇殺害の罪なのである。角田房子の「閔妃暗殺」(新潮文庫)も貴重な本だが、この「オサヒト覚え書き」はより深く歴史の闇に肉薄している。 ★★★(選者・佐高信)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  2. 2
    橋本環奈は恋愛報道での“共演NG”を覆した! 平野紫耀に次ぐ「相棒」は目黒蓮か松村北斗?

    橋本環奈は恋愛報道での“共演NG”を覆した! 平野紫耀に次ぐ「相棒」は目黒蓮か松村北斗?

  3. 3
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  4. 4
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

  5. 5
    山口百恵ちゃんが歌手になったのは…スタ誕の森昌子ちゃんに刺激されたから

    山口百恵ちゃんが歌手になったのは…スタ誕の森昌子ちゃんに刺激されたから

  1. 6
    「ルフィ」と6代目山口組のただならぬ関係…特殊詐欺事件に絡み組事務所ガサ入れの過去

    「ルフィ」と6代目山口組のただならぬ関係…特殊詐欺事件に絡み組事務所ガサ入れの過去

  2. 7
    3大事務所のYGから大量流出 日本市場と“辞めジャニ”を狙う韓国芸能事務所の最新勢力図

    3大事務所のYGから大量流出 日本市場と“辞めジャニ”を狙う韓国芸能事務所の最新勢力図

  3. 8
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 9
    年金支給額1.9%増は焼け石に水…高齢者の物価上昇率は平均2.5%より過酷、足元では5%に迫る

    年金支給額1.9%増は焼け石に水…高齢者の物価上昇率は平均2.5%より過酷、足元では5%に迫る

  5. 10
    投げた車のキーがカナダ人女性の顔面にグサリ! 嘘のような本当の“事故体験”が大バズり

    投げた車のキーがカナダ人女性の顔面にグサリ! 嘘のような本当の“事故体験”が大バズり