「女たちのアンダーグラウンド」山崎洋子著

公開日: 更新日:

 JR根岸線山手駅近くにある根岸外国人墓地。明治13年に開設されて以来約1200人の外国人が埋葬されているが、そのほとんどが敗戦直後の昭和20年から数年以内のもので、横浜に進駐していたアメリカ人と日本人女性の間に生まれた嬰児、いわゆるGIベビーのものだという。著者がその存在を知ったのは20年前に上梓した「天使はブルースを歌う」の取材のときだった。占領下でもあり、その存在は一種のタブーとして長い間歴史の闇に葬られていた。

 本書は、そうした闇に光を当て、米兵と日本人女性の間に生まれた子どもたちがそれ以降どのように生きたのかをさまざまな人たちの証言によって跡づけている。当初は混血児として差別にさらされていたのが、60年代の「ハーフ」ブームで脚光を浴びるようになったモデルやミュージシャンたち。むろん、それぞれの軌跡はハーフという言葉でひとくくりにすることはできないが、そこには「戦後」という時代がうみ落とした何ものかが見える。

 著者はさらに中華街の在日中国人や色街で働いていた日本人女性やタイ人女性たちの声も拾い、横浜という町の闇と光を浮かび上がらせていく。

(亜紀書房 1800円+税)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪