「院長選挙」久坂部羊著

公開日: 更新日:

 国立大学病院最高峰に位置する天都大学医学部付属病院では、院長の宇津々が急死したため、新院長選挙が行われることになった。フリーライターの吉沢アスカは新院長の選挙を追いながら日本医療の縮図を描くノンフィクションの執筆を計画する。

 早速、院長選の4人の候補者に取材を申し込むが、いずれも変人ばかり。「臓器のヒエラルキー」を公言し内科至上主義を唱える循環器内科の徳富。その内科を目の敵にする消化器外科の大小路。若く革新的だがパワハラをくり返す整形外科の鴨下。利益優先で極度の吝嗇家である眼科の百目鬼。患者のことなど一顧だにせず、他科をののしり自己保身に走る候補者たちにあきれるアスカだが、なぜか4人とも宇津々院長の死に話が及ぶと一様に口を濁す……。

 自分の部屋を少しでも広く見せたいと全面ガラス張りにする教授など、常識外れの医師たちが登場し、国立医大の滑稽なまでのヒエラルキーによる権威主義が戯画的に描かれる。国立大学の医局の経験があり現役の医師でもある著者ならではの、大学病院の怖い真実。

 (幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  3. 3

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  7. 7

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  10. 10

    小池都知事が側近と“密議”「東京五輪返上」で頭がいっぱい

もっと見る

人気キーワード