3K業種を「優良企業」に変えた産廃会社の女社長

公開日: 更新日:

 その工場は、ホタルの生息する美しい里山に囲まれ、小学生の社会科見学の聖地となっている。いったい何の工場かといえば、何と産廃会社のリサイクル施設。キツイ、汚い、危険という3K業種の筆頭のイメージだが、まるで別世界だ。

 石坂典子著「五感経営 産廃会社の娘、逆転を語る」(日経BP社 1600円+税)は、年間1万人以上の視察者を集める優良企業、石坂産業が現在の姿になるまでの記録。30歳で父の経営する産廃会社の社長に就任し、経営に大ナタをふるった著者による経営論でもある。

 著者が荒っぽい男ばかりの企業のトップに立ったのは2002年のこと。同社のある埼玉県内の産廃会社が起こした、ダイオキシンを巡る問題がきっかけ。濡れ衣を着せられ、地域住民からの糾弾にさらされる中、著者は真摯に仕事と向き合ってきた父に代わり、会社の存続を図るための改革に乗り出す。

 まずは地域の嫌われ者から脱却するため、2億円を投じて工場見学用の通路を新設。包み隠さず事業を公開した。今でこそ子供たちに人気の見学施設だが、当時やってくるのは環境保護団体の関係者ばかり。あらを探して廃業に追い込もうという敵意がむき出しだった。しかし著者は、“冷めた無関心”よりも“熱意ある批判”を求めていた。徹底的に見学を受け入れ、批判を指摘ととらえて改革を進めていった。

 また、カリスマ経営者だった父の時代のトップダウンから、社員の意見をすくい上げるボトムアップに切り替えた。社員と思われる人物により、2ちゃんねるに「自分で何も考えられない2代目」などと書き込みされたこともあったという。しかし、根気よく耳を傾け続けることで社員の自主性を育てていった。

 さらに、顧客にも礼儀を求め、産廃を搬入してくるトラックの運転手にマナーを指導。守れない運搬会社との取引を切るという思い切った改革も断行した。10年以上にわたる奮闘で、地域に愛され、世界が注目するリサイクル会社に生まれ変わった同社。現代日本の閉塞感を打ち破る爽快な実話だ。

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

  3. 3
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  4. 4
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  2. 7
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 8
    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

  4. 9
    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

  5. 10
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格