「誘蛾灯 鳥取連続不審死事件」青木理著

公開日: 更新日:

■男たちを狂わせた肥満ホステス

 09年に発覚した鳥取連続不審死事件の闇に迫るルポルタージュ。

 詐欺や窃盗の他、2件の強盗殺人で起訴された上田美由紀の周辺では、04年以降、起訴された事件以外にも4人の男性が不審死を遂げていた。死んだ男たちは、全員、彼女がホステスとして働いていたスナックの常連客だった。新聞記者や刑事らが職や妻子を捨て、ぶよぶよに肥満し、誰とでも寝て、5人も子供がいた被告になぜ魅せられ、破滅していったのか。かつて被告が働いていたスナックに通い、仕事仲間や元同棲相手、死んだ男たちの関係者を取材。そして拘置所の被告本人とも面会を重ねながら、その素顔と事件の背景を明らかにしていく。
(講談社 1600円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた