「全試合フルイニング」抱負も 巨人・炭谷に2つの懸念材料

公開日:  更新日:

 今もネット上では「本当に必要なの?」と疑問の声が上がっている。

 西武から巨人にFA移籍した炭谷銀仁朗(31)が11日、千葉県内で自主トレを公開。「全試合フルイニング出場したい」と抱負を語ったが、ファンの目はシビアである。

 プロ13年の通算打率は.212。原監督がやたらとその貧打をやり玉に挙げる昨年までの正捕手格、小林誠司(29)の.215よりさらに低い。小林には「3年連続セ盗塁阻止率1位」の強肩という絶対的武器があり、「炭谷不要」「小林で十分だろ」という意見が少なくないのだ。

「人的補償で生え抜きの看板選手だった内海が西武に流出したこともあって、ますます炭谷への風当たりが強くなっている印象。配球とキャッチングに定評があるものの、非力な打撃と衰えの目立つ肩はいかんともしがたい。凡打や盗塁を許すたび、ファンからブーイングが出ないか心配です」(巨人関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る