ケタ違いの“集金力” 吉田沙保里にレスリング代表監督の目

公開日:  更新日:

「全てやり尽くした。世界で若手が活躍するのを見て、この子たちにバトンタッチしてもいいのかなと、心が決まりました」

 引退を表明した女子レスリング五輪3連覇の吉田沙保里(36)が10日に会見し、決断の理由をこう話した。

 銀メダルに終わったリオ五輪後は、女子代表で兼任コーチを務めてきたことから2020年の東京五輪では「選手たちを精神的に支えていけたら」と、セコンドにつくプランも明かした。

 五輪、世界選手権合わせて16度も制した実績と、若手からの人望の厚さを評価し、「将来の代表監督」に推す協会幹部は少なくない。早ければ、24年パリ五輪で指揮を執る可能性もあるが、頼りにされるのは指導力以外に集金力もある。

 栄和人前強化本部長は在職中に、「協会は資金力が乏しい。お金のある団体がうらやましい」と、こぼしていたという。レスリングは男女とも、五輪、世界選手権での実績の割には注目度が低く、スポンサーが集まりにくいといわれる。

 自国開催の五輪が終われば、多くの競技がスポンサーから見向きもされなくなる恐れもある。国民栄誉賞を受賞し、タレントとしても知名度抜群の吉田が協会の要職に就けば話は別。吉田監督の誕生とともに女子レスリングだけは潤うことになるのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る