釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

森保Jが格下相手に大苦戦…まるで別のチームのようだった

公開日:

 今さらながらに「フレンドリーマッチ」という言葉の意味合いを痛感させられてしまった。

 UAEで開催されているアジアカップは、森保一監督にとって初の公式大会となる。森保体制となった日本代表は昨年9月からコスタリカ、パナマ、ウルグアイ、ベネズエラにキルギスだったかな。ロシアW杯からメンバーは若返り、躍動感あふれるプレーで4勝1分けと結果も出した。しかしながら、アジアカップのような公式大会ではなく、あくまで「フレンドリーマッチ」。FIFA認定の国際Aマッチとはいえ、あくまで<友好的な親善試合>での結果なので「割り引いて考えないといけない」と思いながら大会初戦のトルクメニスタン戦(9日)をテレビ桟敷で拝見した。

 森保ジャパンが、まるで別のチームのようだった。対戦相手のFIFA世界ランクが127位だとしても、フレンドリーの意識をかなぐり捨てた上でガチンコ勝負を挑んでくると大苦戦。森保ジャパンの未成熟ぶりを露呈してしまった格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る