本当に新人? 根尾昂の「プロ意識」に中日指揮官メロメロ

公開日:

 すっかり大人を「骨抜き」にしている。

 10日、中日のドラフト1位の根尾昂(18)が新人合同自主トレで体を動かした。キャッチボールでもさまざまなケースを想定しながら行うというルーキーは「一球一球考えてやっています」と意識の高さを披露。入寮では野球協約と野球規約を持参するなど、18歳らしからぬたたずまいで周囲を驚かせてきた。

 これまでの新人とは一線を画す存在感に、与田監督も「ボールを捕ってどう動くか、全部自分で考えてやっているね。脳をしっかり使っている」とベタボメだった。

 根尾は高校時代から完全休養日をつくらない「無休の男」。9日、休日返上で2時間練習に打ち込むと、“抜き打ち”で球場を訪れた与田監督に対し、結果としてアピールに成功。親子ほどトシの離れた指揮官ですら、手のひらで転がしてしまうのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る