ようやく打撃再開 日ハム清宮“守備力向上”への練習の中身

公開日:

 10日、日本ハムの清宮幸太郎(19)が鎌ケ谷の二軍施設で約1カ月ぶりに打撃練習を再開した。

 右手首の炎症により、12月上旬からバットを封印。キャンプの二軍スタートも濃厚といわれているが、3人のトレーナーが見守る中、手首の状態を確かめるよう、ごく軽めに約30スイング。すでに痛みはないようで、谷トレーナーは「少しずつ改善しつつある」と説明した。

 1年目の昨季は一軍で7本塁打を放ったが、故障との戦いが続いた。新人合同自主トレで右手親指を故障。キャンプでは胃腸炎、3月には限局性腹膜炎を発症し、7月には右肘痛にもなった。今回の右手首の炎症は、シーズン終了後のフェニックスリーグ、秋季キャンプでまとまった練習をこなしたことで負担がかかったようだ。

 この日はキャッチボールやノックで汗を流した。清宮は自身の課題である守備に関して「このオフ、やってきたことがなまらないようにと思っている。今できることは多くはないが、思うようにできているかなとは思う」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る