横綱で“皆勤負け越し”経験 芝田山親方は稀勢の里どう見る

公開日:  更新日:

 ――そんな芝田山親方は91年の名古屋場所(7月)で引退。28歳10カ月という年齢もあって、「まだできた」という声もあったのではないですか。

 それでも昔の力士は30歳前後で引退が多かったですからね。名古屋場所初日は曙に負けて、中日で安芸ノ島に黒星。4勝4敗の時点で引退を決意しました。体力的な問題ではありません。今場所負けた相手は毎場所当たる可能性がある以上、次にやっても、このままでは「やっと勝利」という余裕のない取り口にしかならないと思い、引退はしたくなかったですが、明日につながらないような相撲では横綱としての責任は果たせない。それで引退を決意しました。

■カーテンを閉め切った師匠の部屋で

 ――師匠はどんな反応でしたか。

 なかなか報告できなかったのですが……8日目の夜、カーテンを閉め切った師匠の部屋で、師匠から「どうなんだ?」と。「おまえはそれだけ力があるのだから、簡単に負ける相撲取りじゃない」と言われましたが、「土俵に上がって、自分が何をやっているかよくわかりません」と……。実際、そんな状態だったんです。体力は全然問題ない。すると師匠は「自分で自分が何をやってるのかわからない状態なら、どうしようもないな……であれば仕方ないな……」と。引退を決め、師匠に「さわやかに会見しよう」とひとこと言われたのが印象的でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る