八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

アジア杯はW杯とは「真逆の戦い方」が必要となってきます

公開日:

 アジア最高峰の大会であるアジアカップが5日に開幕しました。日本は1992年広島大会で初優勝して以来、4度のアジア王者に輝いています。

 この27年間でチャレンジャーだった日本代表は立ち位置がすっかり変わり、アジアでは常に優勝候補として「勝つのが当然」とメディア、サポーターたちはとらえています。そういえば――。

 アジアカップ前、マルセイユに所属するDF酒井宏樹が「W杯を戦うブラジルの心境が理解できる」と話していました。

 FC東京のSB室屋成は「自分たちがボールを握るシーンが多くなると思う。カウンターに気を付けないといけない」と警戒していました。

 アジアカップの傾向として日本、韓国、オーストラリア、イランなど実力国に対して対戦相手はガッチリ守備を固め、鋭いカウンターを仕掛けてきます。これこそがアジアカップならでは、の難しさというわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る