首脳陣が驚嘆 日ハム吉田はダル&大谷の“エース道”をたどる

公開日:  更新日:

「最近は甲子園の疲れも抜けて、いい調子が続いている」と話した吉田は国体後、体重が5キロほど増えた。11月7日に学ラン姿で鎌ケ谷の施設を見学した際は明らかに腹回りが膨らんでいた。元中日監督の落合博満氏がラジオ番組で「おそらく太る体質ではないか」と指摘したこともあった。

 しかし、今は体を絞り81~82キロほど。甲子園時よりも1~2キロ多い程度という。金足農の関係者がこう言う。

「甲子園での状態を10とすれば、今は8くらいまで仕上がっている。甲子園で股関節を痛めたこともあり、国体後は練習のペースを落としたものの、体重が増えたのは、筋量を増やして体を大きくする意図があったからです。12月は走り込みなどで脂肪をそぎ落としているし、ブルペンで数回、捕手を座らせて40~50球程度を投げ込んでもいます」


■詳細な「野球ノート」を

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る