箱根駅伝Vでも…東海大OBは母校に“残念な評価”で最下位に

公開日:

 青学大の5連覇を阻んで箱根駅伝の総合優勝を果たした東海大学。言わずと知れた日本を代表するマンモス大学だ。

 卒業生には巨人の原辰徳監督(政治経済学部)のほか、菅野智之投手(体育学部)もいる。

 そんな東海大学だが、OBやOGは母校をどう見ているのか? 顧客体験クラウド「エモーションテック」が、卒業生アンケートで「入って良かった大学」のランキングを公表している。基本設問の「入学を家族や親しい友人・知人にどの程度すすめたいと思いますか」などのほか、大学の印象、就職支援、立地やキャンパスライフなどを加味した評価だ。

「NPS(ネット・プロモーター・スコア)という指標の1位は慶応大学でした。OB・OGネットワークや就職のしやすさ、ネームバリューの3項目で高い評価を得ています」(エモーションテック広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る