ジャンプ週間完全V 小林陵侑を覚醒させたエリート育成とは

公開日:

 日本人初の快挙だ。

 6日、ノルディックスキーの小林陵侑(22)がジャンプ週間最終戦(オーストリア)を制し、4戦4勝の完全優勝を果たした。世界でも史上3人目という偉業。1998年長野五輪金メダリストの船木和喜(43)は「スケジュールがタイトで五輪より難しい」と絶賛した。

 覚醒のきっかけは12年前。2007年4月、岩手県が県内からの五輪メダリスト輩出を目的としたトップアスリート育成事業「いわてスーパーキッズ」を発足した。小林は1期生。小学5年のときに合格した。

 対象は小5~中3。まず学校の体力測定があって、基準値をクリアした者が1次試験へ進める。そこでは20メートル走、垂直跳び、立ち幅跳びなど基礎体力を測定。突破者は2次試験で20メートルシャトルラン、ジグザグ走など難易度を上げたメニューでタイムを競う。さらに担当者が本人と保護者に3者面談をした上で合格者を決定。小林の代は1100人以上の応募があり、合格者は小学5年40人、6年40人の計80人。約14倍の狭き門だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る