全豪制覇へ弾み 錦織圭3年ぶりツアーV“もう一つの収穫”

公開日:

 東京の敵をオーストラリアで討った。

 6日のブリスベン国際決勝。世界ランク9位の錦織圭(29)が、昨年10月の楽天オープン決勝で敗れた同16位のメドベージェフ(22=ロシア)に6―4、3―6、6―2で雪辱した。

「去年ケガをしたが、ここまで回復した。勝ててうれしい。今年は素晴らしいシーズンにしたい」とは本人だ。

 2016年2月のメンフィスオープン以来、約3年ぶり、通算12勝目のツアー制覇。今大会で落としたのはこの日の2セット目だけ。14日に始まる全豪オープンの前哨戦に勝って、本番に向けて弾みがついたのは間違いないが、それより何より本人にとってデカいのは久々にツアーで優勝したという事実だ。

 ここまで決勝は9連敗中。いいところまでは行くのに勝ち切れない。本人は否定するも、このまま永遠に勝てないんじゃないかという不安は頭の片隅にあったはず。負の連鎖を断ち切ったことは大きな収穫になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る