本田は“裏の顔”を知らず…超大物ビジネスパートナーの正体

公開日:

 ロシアW杯終了後に「代表引退」を表明した本田圭佑(32)。

 現在は豪州1部クラブでプレーしながら、カンボジア代表の実質上の監督として采配を振っている。

「二足のわらじ」を履いて多忙な毎日を送っているワケだが、本田には「国際派ビジネスマン」という顔もある。

 アジアを中心に手広くサッカースクールを展開しながら欧州、南米、アジア、アフリカでサッカークラブを運営。仮想通貨、ドローン事業、コンサル事業など異業種への投資にも積極的。今はホテル事業に興味を示しているといわれている。

「16年にカンボジアでサッカースクールを開催したが、その準備などで15年から地元経済人との付き合いがスタート。<大きな影響力を持っている日本人>としてY氏を紹介された。このY氏というのが<一筋縄ではいかない>業界で鳴らした超大物だった。首都プノンペンに住み、恵まれない子相手の学校建設などボランティア活動にも熱心ともっぱら。本田はY氏の<裏の顔>を知らなかったといわれています」(マスコミ関係者)

 今は付き合いを断っているというが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る