貴ノ岩暴行事件の後始末で男を上げた千賀ノ浦親方の素顔

公開日:

 どこぞの冷血漢とは大違いだ。

 付け人への暴行が発覚し、今月7日に引退会見を行った貴ノ岩(28)。そんな“弟子”の後処理で話題になっているのが、師匠である千賀ノ浦親方(57=元小結隆三杉)だ。

 去る11日、部屋のホームページで「応援して下さる皆様へ」という出だしで、直筆の文章を紹介。

「貴ノ岩は自ら引退という決断を致しましたが彼の人生はまだまだこれからも続いていきます

 どうかこれからの貴ノ岩を皆様の温かいまなざしで見守って頂けましたらと願っております」

 など、貴ノ岩に対しての愛情をにじませた。

 半ば貴乃花(46)に押し付けられるように弟子を預かり、約2カ月。旧貴乃花部屋の力士を迎え入れたときは、同様に手書きで「どの子も我が子」と書いていた。早々に問題を起こした貴ノ岩を非難するどころか、「我が子」に対する情があふれんばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る