“菊池と大谷は同僚にならない”エ軍公式サイトで獲得を否定

公開日: 更新日:

 西武からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す菊池雄星(27)。

 花巻東高校(岩手)の後輩である大谷翔平(24)と同僚になることはなさそうだ。

 チーム公式サイトは5日(日本時間6日)、「エンゼルスは菊池のローテーションを見据えているのか?」と題する記事を掲載。日本での菊池の実績や、高校では大谷の先輩だったことなどを紹介している。

 記事では「キクチが加わればローテーションが強化される」としながらも、エンゼルスは左肩の故障歴を問題視。今季は先発陣に故障者が続出したことから、「今オフはケガのリスクが少ない投手の獲得を目指している。菊池獲得のリスクは受け入れないだろう」と、日本人左腕取りを否定している。

 菊池を巡っては、すでにレンジャーズが代理人であるスコット・ボラス氏と接触を図ったとされる。他にもパドレス、フィリーズら複数球団が関心を寄せているものの、エ軍は手を引いたとみて良さそうだ。

 チームは、日本人選手のいない球団を選んだ大谷の心情も忖度しているのだろう。エンゼルスが二刀流を優先すれば、日本人左腕の獲得を見送ることになるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    「実録外伝 大阪電撃作戦」陸軍に学んだ山口組の侵略戦争

もっと見る