山川年俸3倍超! 西武“大盤振る舞い”でイメージ刷新なるか

公開日: 更新日:

「うれしいです!」

 紺のスーツに身を包んだ108キロの巨体から喜びがあふれだした。

 5日、西武の山川穂高(27)が契約更改交渉に臨み、実に7760万円増となる年俸1億1000万円でサイン。4番として打率.281、47本塁打、124打点と覚醒した今季は、チームの10年ぶりリーグVの原動力となり、本塁打王のタイトルに加え、初のMVPにも輝いた。

 球団から「文句のない成績。優勝に大きく貢献してくれた」と評価されたと言い、「ボクも大満足。(来季は)重圧を背負って、なおかつ、50本打つつもりでやります」と意気込んだ。

 西武はこのオフ、3番の浅村栄斗と捕手の炭谷銀仁朗がFAで、エースの菊池雄星がメジャー移籍を目指して退団した。これまでFAによる人材流出は12球団最多の18人。日米他球団の草刈り場として、改めて待遇面や環境面の問題がクローズアップされている。今季はリーグ優勝を果たしたものの、14日に出発するハワイへのV旅行に参加する選手が、一軍登録メンバー28人にも満たない17人にとどまったことも判明。チーム内の温度差という寂しい現実が露呈したばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    「実録外伝 大阪電撃作戦」陸軍に学んだ山口組の侵略戦争

もっと見る