翔&清宮と中軸に…日ハム“台湾三冠王”落札もう一つの狙い

公開日:

 台湾の三冠王が日本にやってくることになりそうだ。

 台湾プロ野球のラミゴが20日、海外移籍を目指す王柏融外野手(25)の優先交渉権を日本ハムが獲得したことを発表した。

 王は昨年、三冠王を獲得、侍ジャパン壮行試合では楽天の則本から特大の本塁打を放ったスラッガー。ラミゴは入札による王の獲得希望球団を募っていた。

 それにしても落札球団が日本ハムとはオドロキではないか。FAで選手が出ていくことはあっても、獲得することはほとんどない。入札金の額は明らかになっていないものの、ドラフトと育成が身上で、マネーゲームには目もくれなかったチームが、それなりのカネを積んで交渉権を得たのは確実だからだ。

「強打者の補強が何より急務ですからね」と、さるOBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る