松山人気ではっきり 国内ツアー集客は「役者と舞台次第」

公開日:

【三井住友VISA太平洋マスターズ】

 大会初日は平日にもかかわらず、前年比1454人増の3509人ものギャラリーが会場に集まった。お目当ては今季、日本ツアー初出場の松山英樹(26)。ほとんどのギャラリーは松山がプレーする組に集中し、コース内での移動も珍しく初日から大渋滞した。

 この日は4バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの69で回り1アンダー、17位タイ。

「(日本ツアー出場は)久しぶりだったのでスタートホールはすごく緊張した。(今年から)パー5がパー4になったところは2つともボギー(11番=平均ストローク4.417)とダブルボギー(6番=同4.417)なので、もったいなかった。明日に向けて修正したいなと思います」(松山)

 会場は全米オープンや全米プロなどメジャーコースを手がける設計家、リース・ジョーンズ氏がプロのドライバー飛距離300ヤード時代に対応できるようにバンカーの形状や配置を改修し、よりタフになった。さらに、松山の提案で6番と11番のパー5がパー4に変更された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る