今年4度目の休場 横綱白鵬は東京五輪まで現役でいられるか

公開日:

 やはり、出場はかなわなかった。

 8日、横綱白鵬(33)が11月場所(11日初日)の休場を発表した。10月に右ヒザと右足首を手術しており、師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)は「まだ四股を踏める状態じゃない」と現状を説明した。

 途中休場を含めれば、今年は6場所中4場所で休場。皆勤したのは5月と優勝した先場所だけだった。

 過去、大きなケガをせず、歴代最多の幕内優勝41回を誇る白鵬だが、今回手術した箇所以外にも、近年は左ヒザ、両足の親指の負傷にあえいでいる。いずれも、昔の“バクダン”が顔をのぞかせているのである。ヒザや足の親指は、土俵でふんばる力士にとっては致命傷ともなりかねない。

 それでも白鵬には「2020年東京五輪の開会式で土俵入り」という夢がある。そのためには休場を繰り返しながら、何としてでも現役にしがみつく。幸い、稀勢の里が「8場所連続休場」の不名誉記録を更新したばかり。白鵬も彼に倣えと言わんばかりに、休場が当たり前になってもおかしくない。

 この日は鶴竜の休場も決定。一人横綱の稀勢の里が結果を出せば、ますます彼らモンゴル横綱の存在感が薄れる。

 東京五輪の頃には、「白鵬? まだ現役だったの?」なんて言われていそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る