メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

公開日:

 各球団の編成担当者、代理人らが一堂に会するGM会議(カリフォルニア州)は、日本人左腕の話題で持ちきりだ。

 7日(日本時間8日)には、西武からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す菊池雄星(27)の代理人を務めるスコット・ボラス氏が会場で取材に応じ、「米国でも成功すると思う。左というだけで価値があるし、球速はメジャーのほとんどの左投手を上回る」と、自身の顧客をアピール。移籍先に関しては「チャンピオンチーム、成長過程のチームなど、どのレベルの球団にも適合する」と言った。

 2017年のパの最多勝左腕(16勝)には、資金力豊富なレッドソックス、ジャイアンツを筆頭に複数の球団が関心を寄せている。争奪戦に発展すれば、金額が高騰するだけに、敏腕代理人は腕をぶしているが、ここにきて菊池本人の希望する条件が明らかになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る