元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

多くの副業をこなすことも豪州では前向きに受け止められる

公開日:

 過去に豪州Aリーグで成功した日本人選手の筆頭が、2005年にシドニーFCに移籍したカズ(三浦知良=横浜FC)と12―14年シーズンにウエスタン・シドニーでプレーした小野伸二(札幌)。この2人の代理人だったルー・スティッカ氏は「多民族国家である豪州で生き抜いていけるのは、海外の文化や習慣に適応できる人間です。ホンダはまったく問題ない。大成功するよ」と話した。メルボルン・ビクトリーFC移籍後、3試合で全4得点に絡む好パフォーマンスを見せている本田圭佑にも太鼓判を押した。

 スティッカ氏が、カズの移籍に関わったのは13年前。日本から「大型ディール(売買取引)」が舞い込んだ。

「『日本で開催されるFIFAクラブW杯(CWC)にJクラブが参加しないので、カズを(CWCに出場する)シドニーFCに送り込んで注目度を高めたい。コストはすべて日本側が負担する』という耳寄りな話でした。カズが来てからの2カ月間、毎試合2000人の日本人が訪れた。また彼の高いプロ意識や優れた人間性にチーム全体が影響を受けました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る