八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

欧州CLで今季初黒星 ユベントスは今後どう立て直すのか?

公開日:

 8日午前5時キックオフの欧州チャンピオンズリーグ(CL)のユベントス(イタリア)VSマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の実況を担当しました。

 グループH首位のユベントスは3連勝で勝ち点9。引き分け以上で勝ち抜けが決まります。対するマンUは1勝1分け1敗の勝ち点4。2位キープとはいえ、勝ち点3が欲しいところです。

 英プレミアで7位に低迷中のマンUは、今週末の11日に首位のマンチェスター・シティとのダービーを控えています。

 ユーベ戦勝利で弾みをつけ、ダービーを制して<悪い流れ>を断ち切りたいことでしょう。

 セリエA8連覇に向けて10勝1分けで首位のユベントスは、95―96年シーズン以来のCL優勝に照準を合わせています。

 個人的にもCLを制するチーム力はあると思います。やはりC・ロナウドの加入が大きかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る