広島・丸FA宣言で…巨人“塩漬け若手”が人的保証に虎視眈々

公開日:

 7日、国内FA権行使を表明した広島の丸佳浩(29)の獲得に乗りだす巨人では、選手の間で早くも「その先」が話題になっている。

「丸を取って人的補償を求められれば、誰か1人が広島に行くことになりますからね。宮崎では秋季キャンプを行っている若手は気が気じゃないでしょう。誰が28人のプロテクトリストに入るか、誰が外れるか。当落線上の選手が『オレか』『アイツか』と囁き合うのはもはや恒例行事みたいなもの」(チーム関係者)

 丸はAランク。もし巨人移籍が決まれば人的補償が発生する。金銭のみも選択肢のひとつで、数多くのFA選手を流出させてきた広島はこれまで、その補償の多くは金銭。育成重視、そして「貧乏球団」ゆえの選択だった。しかし、今や人気球団。資金よりも戦力を補強する傾向に変化しつつある。広島は投手陣の整備が急務。人的補償を選べば、若手の投手に狙いを定めるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る