広島・丸FA宣言で…巨人“塩漬け若手”が人的保証に虎視眈々

公開日:

 7日、国内FA権行使を表明した広島の丸佳浩(29)の獲得に乗りだす巨人では、選手の間で早くも「その先」が話題になっている。

「丸を取って人的補償を求められれば、誰か1人が広島に行くことになりますからね。宮崎では秋季キャンプを行っている若手は気が気じゃないでしょう。誰が28人のプロテクトリストに入るか、誰が外れるか。当落線上の選手が『オレか』『アイツか』と囁き合うのはもはや恒例行事みたいなもの」(チーム関係者)

 丸はAランク。もし巨人移籍が決まれば人的補償が発生する。金銭のみも選択肢のひとつで、数多くのFA選手を流出させてきた広島はこれまで、その補償の多くは金銭。育成重視、そして「貧乏球団」ゆえの選択だった。しかし、今や人気球団。資金よりも戦力を補強する傾向に変化しつつある。広島は投手陣の整備が急務。人的補償を選べば、若手の投手に狙いを定めるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る