西武は去る者追わずから一転…FA浅村“残留最優先”の本気度

公開日:

「今は西武を最優先に考えたい思いが強いです」

 7日、国内FA権を行使した西武の浅村栄斗(27)が記者会見でこう言った。西武は宣言残留を認める方針だ。

 かねて西武周辺では、「FA移籍は確実」との声があった。某西武OBがこう言う。

「楽天は4年20億円の資金を用意するなど、水面下で念入りに調査をしていた。西武でチームメートだった石井一久GM、渡辺直人とは公私で親しく、プレーしやすい環境もある。破格の条件を用意するソフトバンクとの一騎打ちになるとみていた」

 西武はこれまで、12球団最多の16人がFA移籍(海外を含む)をしている。昨年は野上が巨人へ、一昨年は岸が楽天入りした。

「西武のFA選手に対する考え方は、基本的に去るものは追わず、というものだった。資金が潤沢ではないこともあり、どうせ出ていくんだろうという態度。交渉の席でもウチはこれ以上は出せないし、そもそも、FAを行使したところで、取ってくれるところがあるのか、といった高圧的な態度が不興を買うことが多かった。そのため、西武への愛着を感じながらも、ショックを受け、FA移籍した選手は枚挙にいとまがなかった」(前出のOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る