巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

公開日:

 丸は広島の精神的支柱のひとり。背中で引っ張るタイプだが、今や4番に定着した鈴木がブレークする前から自主トレを共にし、打撃技術を伝授するなど、若手の手本となっていた。

 その丸を広島から引き抜けば、戦力以上のダメージを天敵に与えられる。

 巨人は前回の原監督最終年となった15年から球団ワーストタイの4年連続V逸中。低迷しているチームに風穴をあけられる丸は、何としても欲しい選手だ。当然条件も、他より弾む。

 巨人は広島の17億円やロッテの20億円を超える25億円超の大型契約を用意していると報じられているが、それだけではない。広島残留の可能性も残す丸を揺さぶる、多くの「オプション」を用意しているとされる。

「FAでも最近は特別な選手にしか提示しないという『終身雇用』が確約されるのは確実。これまで巨人がFAで獲得した総勢24人のうち8人が引退後にコーチになり、2人がスタッフとして巨人に残っている。丸の場合も当然、将来の幹部手形を切るはずです。加えて最も重視する家族や子供の教育面のサポート、杉内を獲得した時のように、個人契約のトレーナーらが球団の施設を自由に使うことなど、本当に欲しい選手の時だけ球団が認める多くのオプションで広島と差別化を図ることになるとみています」(前出の関係者)

 MVP級選手のFAでの獲得となれば、06年オフに日本ハムから獲得した小笠原、11年オフにソフトバンクから移籍した杉内以来となる。

 原監督は腕まくりしながら、丸の決断を待っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る