巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

公開日:

 丸は広島の精神的支柱のひとり。背中で引っ張るタイプだが、今や4番に定着した鈴木がブレークする前から自主トレを共にし、打撃技術を伝授するなど、若手の手本となっていた。

 その丸を広島から引き抜けば、戦力以上のダメージを天敵に与えられる。

 巨人は前回の原監督最終年となった15年から球団ワーストタイの4年連続V逸中。低迷しているチームに風穴をあけられる丸は、何としても欲しい選手だ。当然条件も、他より弾む。

 巨人は広島の17億円やロッテの20億円を超える25億円超の大型契約を用意していると報じられているが、それだけではない。広島残留の可能性も残す丸を揺さぶる、多くの「オプション」を用意しているとされる。

「FAでも最近は特別な選手にしか提示しないという『終身雇用』が確約されるのは確実。これまで巨人がFAで獲得した総勢24人のうち8人が引退後にコーチになり、2人がスタッフとして巨人に残っている。丸の場合も当然、将来の幹部手形を切るはずです。加えて最も重視する家族や子供の教育面のサポート、杉内を獲得した時のように、個人契約のトレーナーらが球団の施設を自由に使うことなど、本当に欲しい選手の時だけ球団が認める多くのオプションで広島と差別化を図ることになるとみています」(前出の関係者)

 MVP級選手のFAでの獲得となれば、06年オフに日本ハムから獲得した小笠原、11年オフにソフトバンクから移籍した杉内以来となる。

 原監督は腕まくりしながら、丸の決断を待っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る