復活には物足りず…稀勢の里の双肩にかかる今後の相撲人気

公開日:  更新日:

 今場所こそは横綱らしい成績を残せるか。

 11日に初日を迎える11月場所に向け、気合十分なのが稀勢の里(32)だ。6日は九重部屋に出稽古。秋巡業の序盤から関取衆を相手に相撲を取るなど、好調をアピールしている。

 先場所は8場所連続休場明けで、10勝5敗の勝ち越し。昨年3月場所以来となる9場所ぶりの皆勤を果たした。とはいえ、まだ復活と言うには物足りない。その意味では11月場所こそ真価が問われることになる。

 和製横綱が賜杯を抱く“お膳立て”は十分だ。白鵬(33)は10月に右ヒザと右足首の手術を受け、現在も本調子ではない。休場が濃厚と言われており、仮に出場したところでまともに相撲は取れないだろう。鶴竜(33)も右足の古傷に起因する右かかと痛に悩んでいる。モンゴル横綱2人がこんな状態なのだから、残った横綱が優勝を逃せば、それこそ赤っ恥だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る