巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

公開日:  更新日:

 国内FA権の行使が濃厚となっている西武の捕手・炭谷銀仁朗(31)。熱心に調査を進めるのは、原辰徳監督(60)が復帰した巨人である。

 2013、17年のWBCに出場するなど経験は豊富。高卒1年目から一軍に抜擢されるなど、通算1169試合に出場し、チームを引っ張ってきたものの、今季は森の台頭もあり、47試合の出場にとどまった。

「正捕手が欲しい。得点圏打率.345と勝負強さを発揮。通算盗塁阻止率は.340と安定」などと6日付のスポーツ紙は、まるで巨人入りが決まったかのように騒いでいる。原監督は正捕手に起用する意向らしいが、西武で2000安打を達成したOBの山崎裕之氏(評論家)がこう指摘する。

「入団時から打撃が課題でした。今年はそこそこの打率(.248)を残したといっても、ほぼ(菊池)雄星の専属捕手で、出場した試合が少ないため、あまり参考にはなりません。振れる選手が多い西武にあって、スイングが鈍いのは明らかです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る