中国陣撃破の伊藤美誠 Tリーグ不参加は金メダルへの危機感

公開日:

 驚きの3連勝だった。

 卓球ワールドツアーのスウェーデン・オープン女子シングルス決勝で伊藤美誠(18=世界ランク7位)が、世界1位の朱雨玲(23=中国)を4―0で下し、優勝した。

 前日の準決勝でリオ五輪金メダルの丁寧(28=同2位)に0―2から逆転勝利。準々決勝でも劉詩雯(27=同6位)に1―3からの大逆転だった。

 伊藤は先月開幕したTリーグには参加していない。「20年東京五輪での金メダル獲得に向け、さらに研鑽を積むため」だという。Tリーグ設立は、選手のレベルアップやジュニア育成なども大きな目的だ。

「目玉選手のひとりである伊藤の不参加は、自分が東京五輪で金メダルを取ることが卓球界のためになると思っているからでしょう。中国女子単は東京で五輪9連覇を狙う。その中国が最も警戒しているのが伸び盛りで、メンタルが非常に強い伊藤だという。中国は東京五輪が近づくにつれいろいろなことを考えている。トップ選手がTリーグに参加しないのは手の内を見せたくないからでしょう。今大会は伊藤にわざと負けたとは言わないまでも、現在の伊藤の持っている力を100%出させることで、研究材料を得られたことは間違いない」(Tリーグ関係者)

「決勝は本当に完璧だった」という伊藤。

「最初の入りを集中したら、1ゲーム目、2ゲーム目と私の卓球ができた。自分でもびっくりするようなプレーばかりだったから勝てた」と女王撃破の要因を自己分析した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る