丸はFA宣言で残留か 広島“去る者追わず”から軟化の裏事情

公開日:

 球団の歴史を変えるか。

 国内FA権を取得した広島の丸佳浩(29)。球団は4年総額17億円の複数年契約を提示する見込みだ。巨人は5年25億円超の大型契約を用意するとみられているが、行使残留となれば球団史上初となる。

 FAにおける広島は「去る者追わず」のスタンスを貫いてきた。その結果、江藤智、金本知憲、新井貴浩らの強打者が流出。過去には黒田博樹や新井に「行使残留OK」の姿勢こそ見せていたものの、その前例はなく、事実上認めてこなかった経緯がある。昨オフ、年俸更改で複数年契約の提示をせず、タイトル料すらなかった丸も例外ではないと思われた。

■育たない後継者

 しかし、今回は様子が違う。8月から残留交渉を開始。松田オーナーは「最大限引き留めないと。他球団の評価を聞きたいのなら聞いてみてもいい」と態度を軟化。その裏には「ポスト丸」の後継者不足がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る