元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

「先駆者が少なかった」本田が豪州を新天地に選んだ理由

公開日: 更新日:

 10月20日の今季開幕戦のメルボルンダービーで豪州Aリーグでの新たな一歩を踏み出した本田圭佑(メルボルン・ビクトリーFC)。7月2日のロシアW杯ベルギー戦を最後にピッチから離れている間、カンボジア代表の事実上の監督就任、ウィル・スミスとの投資ファンド立ち上げなど副業の話題が先行して「本業は大丈夫か?」といぶかしがる関係者も少なくなかった。が、「持ってる男」は新天地デビュー戦でいきなり先制弾をゲット。背番号4は死んではいなかった……。豪州に飛んで精力的な取材を敢行した。

 昨季在籍したメキシコ1部パチューカに続いて<移籍後初陣ゴール>を飾った2日後の22日朝。

 本田は、業務提携先の帝京大から派遣されたトレーナーとともにメルボルンVの本拠地・AAMIパーク隣のグラウンドにいた。丸々1日のオフを挟んで同日は筋トレ、プール調整など室内練習のみの予定だったが、プロ意識の高い本田は真剣な表情でストレッチやランニングを約30分こなした。翌23日の練習もサッカーバレーなど軽い内容にとどまったが、目に付いたのは元豪州代表のマスカット監督以上に本田が、指示を出していたことである。たとえ遊びのゲームでも勝負に強くこだわり、負けたら凄まじい悔しがり方を見せる。「サッカーは一挙手一投足、細部にこだわらないといけない」という姿勢を前面に押し出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る