巨人のお寒い三軍事情 金満でも“ソフト甲斐”が育たぬ理由

公開日:

「これからの巨人に、こういう選手が育ってくるのだろうか。懐疑的にならざるを得ませんね」

 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言った。 前日3日に決着した日本シリーズでソフトバンクの甲斐拓也(26)がMVPを獲得。6試合で打率.143、打点ゼロながら、シリーズ記録を更新する6連続盗塁阻止の強肩「甲斐キャノン」が評価された。

 甲斐は2010年の育成ドラフト6位で入団した叩き上げ。8年目にして「日本一の捕手」に成長したわけだが、冒頭の高橋氏は、

「メディアの報道を見る限り、巨人は再び補強によるチームづくりに大きくかじを切るようだ。球団から編成を含む全権を託された原監督の意向であり方針だろう。4年連続V逸中という危機的状況にあるのはわかるが、カネに飽かせた大補強によって、また若い芽が摘まれるのではないか。生え抜きの若手を我慢強く育ててこそ、長期的なチーム力の安定が実現することは、ソフトバンクや広島が証明しているはずなんですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る