U-19アジア選手権準決勝 サウジに「完敗」で露呈した課題

公開日:  更新日:

 U―19(19歳以下)日本代表が、1日のアジア選手権(インドネシア)準決勝でサウジアラビアに完敗を喫した。

 ベスト4入りして2019年にポーランドで開催されるU―20W杯の出場権を獲得したチーム同士の対戦。日本の影山監督は先発9人を入れ替え、4DFを3DFに変更した。

 これが失敗だった。

 強烈なプレス、球際の激しさに圧倒された日本は、前半で2失点した時点でアップアップ。後半から投入された横浜MのFW久保が何度か相手ゴールに迫るも、終わってみれば0―2のスコア以上のボロ負けである。

「まずは影山監督の選手起用、戦術変更が大間違い。アジアも準決勝になるとレベルがポンと上がる。W杯出場を決めたからといって、メンバーを大幅に落として終始後手に回り、前半終盤になって慌てて4DFに戻しても手遅れ。W杯は影山監督で大丈夫なのか? 大きな疑問が残った。選手も不甲斐ない。サウジは局面ごとに数的優位をつくり、素早い攻守の切り替えで試合を支配したが、本来は日本がやるべき試合運び。W杯に向けてレベルアップは急務です」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 決勝は4日午後9時半キックオフ。韓国とサウジアラビアが対戦する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る