U-19アジア選手権準決勝 サウジに「完敗」で露呈した課題

公開日:  更新日:

 U―19(19歳以下)日本代表が、1日のアジア選手権(インドネシア)準決勝でサウジアラビアに完敗を喫した。

 ベスト4入りして2019年にポーランドで開催されるU―20W杯の出場権を獲得したチーム同士の対戦。日本の影山監督は先発9人を入れ替え、4DFを3DFに変更した。

 これが失敗だった。

 強烈なプレス、球際の激しさに圧倒された日本は、前半で2失点した時点でアップアップ。後半から投入された横浜MのFW久保が何度か相手ゴールに迫るも、終わってみれば0―2のスコア以上のボロ負けである。

「まずは影山監督の選手起用、戦術変更が大間違い。アジアも準決勝になるとレベルがポンと上がる。W杯出場を決めたからといって、メンバーを大幅に落として終始後手に回り、前半終盤になって慌てて4DFに戻しても手遅れ。W杯は影山監督で大丈夫なのか? 大きな疑問が残った。選手も不甲斐ない。サウジは局面ごとに数的優位をつくり、素早い攻守の切り替えで試合を支配したが、本来は日本がやるべき試合運び。W杯に向けてレベルアップは急務です」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 決勝は4日午後9時半キックオフ。韓国とサウジアラビアが対戦する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る